検索結果書誌詳細

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 1 予約数 0

書誌情報サマリ

書名

希土類とアクチノイドの化学 

著者名 Simon Cotton/[著]
著者名ヨミ Simon Cotton
出版者 丸善
出版年月 2008.2


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。

この資料に対する操作

電子書籍を読むを押すと 電子図書館に移動しこの資料の電子書籍を読むことができます。


登録するリストログインメモ


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館配架場所請求記号資料番号資料種別状態個人貸出 在庫
1 西部図書館一般開架4363/2/1102098000一般在庫 

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

タイトルコード 1000001822123
書誌種別 図書
書名 希土類とアクチノイドの化学 
書名ヨミ キドルイ ト アクチノイド ノ カガク
言語区分 日本語
著者名 Simon Cotton/[著]   足立 吟也/監修   足立 吟也/訳   日夏 幸雄/訳   宮本 量/訳
著者名ヨミ Simon Cotton アダチ ギンヤ アダチ ギンヤ ヒナツ ユキオ ミヤモト リョウ
著者名原綴 Cotton Simon
出版地 東京
出版者 丸善
出版年月 2008.2
本体価格 ¥4900
ISBN 978-4-621-07937-9
ISBN 4-621-07937-9
数量 19,335p
大きさ 22cm
分類記号 436.3
件名 希土類元素   アクチノイド
注記 原タイトル:Lanthanide and actinide chemistry
注記 文献:p311~326
内容紹介 私たちの生活に欠かせない「希土類」「アクチノイド」がどのような元素で、どのように得られ、どのような化合物をつくるのかを、基礎から体系的に解説。章末には学習効果をチェックできる演習問題も収録。
著者紹介 PhD(インペリアルカレッジ,ロンドン)、クイーンメアリィカレッジのアラン・ハート教授のもとで、遷移元素および希土類の錯体化学の研究に従事。英国アプリンガムスクール化学科上級教員。



内容細目

No. 内容タイトル 内容著者1 内容著者2 内容著者3 内容著者4
1 1 希土類を学ぶにあたって
2 1.1 はじめに
3 1.2 ランタニドの特徴
4 1.3 希土類の存在量
5 1.4 希土類の鉱物
6 1.5 鉱石の分解と希土類の分離精製
7 1.6 希土類,とくにランタニドの周期表中での位置
8 1.7 ランタニド収縮
9 2 希土類-その基礎と熱化学
10 2.1 希土類の電子配置とf軌道
11 2.2 f軌道はどんな形をしているのか
12 2.3 f軌道はどのようにしてランタニドの性質に影響を及ぼすのか
13 2.4 ランタニド収縮はなぜ起きるか
14 2.5 ランタニド系列元素とこれらのイオンの電子配置
15 2.6 イオン化エネルギーの傾向
16 2.7 原子半径とイオン半径
17 2.8 希土類イオンの水和エネルギー
18 2.9 希土類化合物の生成エンタルピー変化
19 2.10 酸化還元電位の傾向
20 3 希土類の金属と化合物
21 3.1 はじめに
22 3.2 希土類の金属
23 3.3 二元化合物
24 3.4 ホウ化物
25 3.5 炭化物
26 3.6 窒化物
27 3.7 水素化物
28 3.8 硫化物
29 4 希土類の配位化学
30 4.1 はじめに
31 4.2 錯体の安定度
32 4.3 錯体
33 4.4 アルコキシド錯体,アルキルアミド錯体と関連化合物
34 4.5 希土類錯体の配位数
35 4.6 二価および四価の酸化状態の配位化学
36 5 ランタニドの電子的性質と磁気的性質
37 5.1 三価のランタニドイオンの磁気的および分光学的性質
38 5.2 三価のランタニドイオンの磁気的性質
39 5.3 ランタニドイオンのエネルギー準位図と電子スペクトル
40 5.4 発光スペクトル
41 5.5 NMRへの応用
42 5.6 電子常磁性共鳴法
43 5.7 生体系のプローブ
44 6 希土類の有機金属化学
45 6.1 はじめに
46 6.2 三価の酸化状態
47 6.3 シクロペンタジエニル錯体
48 6.4 シクロオクタテトラエンジアニオン錯体
49 6.5 二価の酸化状態
50 6.6 四価の酸化状態
51 6.7 金属-アレーン錯体
52 6.8 カルボニル錯体
53 7 はみ出し者の元素:スカンジウム,イットリウム,プロメチウム
54 7.1 はじめに
55 7.2 スカンジウム
56 7.3 スカンジウムの配位化合物
57 7.4 スカンジウムの有機金属化合物
58 7.5 イットリウム
59 7.6 プロメチウム
60 8 有機化学に用いられるランタニドとスカンジウム
61 8.1 はじめに
62 8.2 セリウム(Ⅳ)化合物
63 8.3 ヨウ化サマリウム(Ⅱ)
64 8.4 ディールス-アルダー触媒としてのランタニドβ‐ジケトナト錯体
65 8.5 塩化セリウム(Ⅲ)と有機セリウム化合物
66 8.6 塩化セリウム(Ⅲ)と金属水素化物
67 8.7 スカンジウムトリフラートとランタニドトリフラート
68 8.8 アルコキシド錯体とアリールオキシド錯体
69 8.9 ランタニド金属
70 8.10 有機金属化合物と触媒
71 9 アクチノイド入門
72 9.1 アクチノイドの存在
73 9.2 元素の合成
74 9.3 Th,Pa,Uの抽出
75 9.4 ウラン同位体分離
76 9.5 アクチノイドの性質
77 9.6 アクチノイドの還元電位
78 9.7 相対論的効果
79 10 アクチノイドの二元系化合物
80 10.1 はじめに
81 10.2 ハロゲン化物
82 10.3 トリウムハロゲン化物
83 10.4 ウランハロゲン化物
84 10.5 ウラン,トリウム以外のアクチノイドハロゲン化物
85 10.6 アクチノイド後半のハロゲン化物
86 10.7 酸化物
87 10.8 ウラン水素化物UH3
88 10.9 オキシハロゲン化物
89 11 アクチノイドの配位化学
90 11.1 はじめに
91 11.2 アクチノイドの配位化学の一般的なパターン
92 11.3 アクチノイド錯体の配位数
93 11.4 錯体のタイプ
94 11.5 ウランとトリウムの化学
95 11.6 アクチノイド(Ⅳ)硝酸塩とハロゲン化物の錯体
96 11.7 チオシアン酸
97 11.8 アミド,アルコキシド,チオレート
98 11.9 アクチニウムの化学
99 11.10 プロトアクチニウムの化学
100 11.11 ネプツニウムの化学
101 11.12 プルトニウムの化学
102 11.13 アメリシウムとそれ以降のアクチノイドの化学
103 11.14 後半のアクチノイドの化学
104 12 アクチノイドの電子的・磁気的性質
105 12.1 はじめに
106 12.2 吸収スペクトル
107 12.3 磁気的性質
108 13 アクチノイドの有機金属化学
109 13.1 はじめに
110 13.2 単純なσ結合をもつ有機金属化合物
111 13.3 シクロペンタジエニル化合物
112 13.4 ペンタメチルシクロペンタジエニル配位子の化合物(C5Me5=Cp)
113 13.5 トリス(ペンタメチルシクロペンタジエニル)系
114 13.6 他のメタラサイクル化合物
115 13.7 シクロオクタテトラエン二価陰イオンをもつ化合物
116 13.8 アレーン錯体
117 13.9 カルボニル
118 14 超アクチノイドの合成と化学
119 14.1 はじめに
120 14.2 新しい元素を発見すること
121 14.3 超アクチノイドの合成
122 14.4 超アクチノイドの命名
123 14.5 電子配置の予想
124 14.6 元素の同定
125 14.7 超アクチノイドの化学を予測する
126 14.8 超アクチノイドの化学について知られていること
127 14.9 そして将来
前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。