検索結果書誌詳細

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 2 在庫数 2 予約数 0

書誌情報サマリ

書名

光触媒が未来をつくる 

著者名 藤嶋 昭/著
著者名ヨミ フジシマ アキラ
出版者 岩波書店
出版年月 2012.1


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。

この資料に対する操作

電子書籍を読むを押すと 電子図書館に移動しこの資料の電子書籍を読むことができます。


登録するリストログインメモ


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館配架場所請求記号資料番号資料種別状態個人貸出 在庫
1 中央図書館児童開架J431/フア/0600443178児童在庫 
2 中央図書館児童書庫J431/フア/0600581871児童在庫 

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

タイトルコード 1000002270259
書誌種別 図書(児童)
書名 光触媒が未来をつくる 
書名ヨミ ヒカリ ショクバイ ガ ミライ オ ツクル
環境・エネルギーをクリーンに
叢書名 岩波ジュニア新書
叢書番号 705
言語区分 日本語
著者名 藤嶋 昭/著
著者名ヨミ フジシマ アキラ
出版地 東京
出版者 岩波書店
出版年月 2012.1
本体価格 ¥820
ISBN 978-4-00-500705-9
ISBN 4-00-500705-9
数量 6,207p
大きさ 18cm
分類記号 431.53
件名 光触媒
学習件名 光 化学 環境問題 酸化物 チタン 空気 医療 エネルギー問題
注記 文献:p207
内容紹介 私たちの暮らしのあらゆる場面で活躍する最新技術、光触媒。その発見から、しくみ、応用技術までを、第一人者である著者が数々の実験や豊富なデータをもとにわかりやすく解説する。
著者紹介 1942年東京生まれ。東京大学博士課程修了。同大学名誉教授。東京理科大学学長。工学博士。専門は光触媒、機能材料。文化功労者、ゲリッシャー賞等受賞歴多数。著書に「科学も感動から」他。



内容細目

No. 内容タイトル 内容著者1 内容著者2 内容著者3 内容著者4
1 第1章 感動の瞬間
2 一九六七年、東京大学の研究室で/光で水が分解し酸素が発生した!/水の電気分解のおさらい/流れをかえた『ネイチャー』の論文/エネルギー問題の解決につながるぞ!/二人の大恩人
3 第2章 触媒と光触媒
4 触媒(カタリスト)とは/光触媒(フォトカタリスト)とは/光触媒の代表的な物質である酸化チタンとは/酸化チタン表面では酸化還元反応が起こる/光はどこから/地球に届く太陽エネルギーの総量/光のスペクトルと光触媒/光がないと働かない/量子論の恩恵を受けて/アインシュタインの光量子仮説と光電効果
5 第3章 まず環境問題への応用から
6 エネルギー変換はむずかしい/発想を転換してみよう!/微量でも困っているものをターゲットに/タイルやガラスに光触媒の薄い膜を付ける/タバコのにおいをとれる障子紙から空気清浄機のフィルターへ/大気汚染をきれいにできるか/超親水性~酸化チタン光触媒のもう一つの働き
7 第4章 酸化チタンのはたらき(1)
8 色水の色が消える!/酸化分解とは何か/どんな応用が考えられるか
9 第5章 酸化チタンのはたらき(2)
10 湯気でも鏡が曇らない!/超親水性とは何か/どんな応用が考えられるか
11 第6章 汚れない家
12 私の家/高層ビルの外壁、窓ガラス/高速道路の防音壁/テント材の屋根/上海万博で活躍/世界へ広がっていく
13 第7章 空気がきれいになる
14 タバコのにおいをとる/生活用品への応用/ウイルス対策/冷蔵庫の中で/エアカーゴ/大気をきれいにできるか/世界初、空気をきれいにする道路
15 第8章 光触媒の広がり
16 ヒートアイランドを防ぐ/水をきれいにできるか/農業への応用/におわない畜舎へ
17 第9章 部屋のなかで使いたい
18 可視光でも使える材料を開発する/酸化チタンナノチューブの世界/シックハウスに使えるか/汚れない服/超親水性・超はっ水性表面の可能性
19 第10章 医療にも使えそう
20 手術室で/がん治療への応用/カテーテル、医療器具への応用/インフルエンザへの応用/歯科への応用
21 第11章 エネルギー問題へのチャレンジ
22 水素エネルギーの夢ふたたび/植物にまなぶ/効率のいい水素発生系をつくる/二酸化炭素を利用する
23 第12章 ほんものの光触媒へ
24 まがいものとほんもの/標準化とは/JIS、日本における標準化の動き/JISからISOへ/安全を考える
25 おわりに
26 参考文献
前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。