検索結果書誌詳細

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 1 予約数 0

書誌情報サマリ

書名

知覚と判断の境界線 

著者名 源河 亨/著
著者名ヨミ ゲンカ トオル
出版者 慶應義塾大学出版会
出版年月 2017.4


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。

この資料に対する操作

電子書籍を読むを押すと 電子図書館に移動しこの資料の電子書籍を読むことができます。


登録するリストログインメモ


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館配架場所請求記号資料番号資料種別状態個人貸出 在庫
1 東部図書館一般開架115/15/2102822132一般在庫 

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

タイトルコード 1000100498492
書誌種別 図書
書名 知覚と判断の境界線 
書名ヨミ チカク ト ハンダン ノ キョウカイセン
「知覚の哲学」基本と応用
言語区分 日本語
著者名 源河 亨/著
著者名ヨミ ゲンカ トオル
出版地 東京
出版者 慶應義塾大学出版会
出版年月 2017.4
本体価格 ¥3400
ISBN 978-4-7664-2426-3
ISBN 4-7664-2426-3
数量 4,237,17p
大きさ 20cm
分類記号 115
件名 認識論   知覚
注記 文献:巻末p6〜17
内容紹介 20世紀はじめにセンスデータ説によって興隆をみせた「知覚の哲学」。その基本トピックを整理・紹介しつつ、心理学・認知科学・美学などの知見を交え、「見ることと考えることの境界線」を探る、現代哲学の最先端。
著者紹介 1985年生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。博士(哲学)。日本学術振興会特別研究員PD(東京大学)、慶應義塾大学非常勤講師。専門は、心の哲学、分析美学。
目次タイトル 序論 見ればわかる?
第1章 知覚可能性の問題
1 問題の定式化 2 分析哲学・現象学・経験科学 3 この問題を問う意義はあるのか 4 知覚理論から存在論と認識論へ
第2章 知覚の哲学の基本
1 幻覚論法とセンスデータ説 2 直接実在論としての表象説 3 現象的性格と透明性 4 その他の基本事項-関係説・概念主義
第3章 種性質の知覚
1 知覚とカテゴライズ 2 本物と偽物は見分けられない 3 知覚学習と現象的対比
第4章 他者の情動の知覚
1 素朴心理学 2 現象学的事実と知覚メカニズム 3 典型的な知覚とのアナロジー
第5章 不在の知覚
1 無音の不可能性 2 音の隙間を聴く 3 不在知覚説からの応答 4 高次モード知覚説(1)
第6章 美的性質の知覚
1 シブリーの知覚的証明 2 高次モード知覚説(2) 3 美的性質の実在論が抱える問題 4 反実在論と知覚のモード
第7章 知覚の存在論と認識論
1 知覚のモードと傾向性実在論 2 現象的性格に基づく正当化
結論 何がわかったか?



内容細目

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。