検索結果書誌詳細

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 1 予約数 0

書誌情報サマリ

書名

力学の誕生 

著者名 有賀 暢迪/著
著者名ヨミ アリガ ノブミチ
出版者 名古屋大学出版会
出版年月 2018.10


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。

この資料に対する操作

電子書籍を読むを押すと 電子図書館に移動しこの資料の電子書籍を読むことができます。


登録するリストログインメモ


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館配架場所請求記号資料番号資料種別状態個人貸出 在庫
1 西部図書館一般開架42302/2/1102514114一般在庫 

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

タイトルコード 1000100655469
書誌種別 図書
書名 力学の誕生 
書名ヨミ リキガク ノ タンジョウ
オイラーと「力」概念の革新
言語区分 日本語
著者名 有賀 暢迪/著
著者名ヨミ アリガ ノブミチ
出版地 名古屋
出版者 名古屋大学出版会
出版年月 2018.10
本体価格 ¥6300
ISBN 978-4-8158-0920-1
ISBN 4-8158-0920-1
数量 7,263,83p
大きさ 22cm
分類記号 423.02
件名 力学-歴史
個人件名 Euler Leonhard
注記 文献:巻末p5〜27 年表:巻末p76〜77
内容紹介 力の概念を切り口に、オイラーの思考を軸に据えながら、18世紀における「力学の誕生」を叙述。惑星の運動から球の衝突まで、汎用性をもつ新たな知が立ち上がる過程を追い、オイラーの果たした画期的役割を浮き彫りにする。
著者紹介 1982年岐阜県生まれ。京都大学大学院文学研究科博士後期課程研究指導認定退学。同大学博士(文学)。国立科学博物館理工学研究部研究員。
目次タイトル 序論 力の起源をたずねて
第1章 十八世紀力学史の歴史叙述
第Ⅰ部 活力論争と「運動物体の力」の盛衰
第2章 十七世紀の自然哲学における「運動物体の力」
第3章 活力論争の始まり
第4章 活力論争の解消
小括 「運動物体の力」の否定とそれに替わるもの
第Ⅱ部 オイラーの「力学」構想
第5章 「動力学」の解析化
第6章 活力論争における衝突理論の諸相と革新
第7章 オイラーにおける「力学」の確立
小括 「力学」の誕生
第Ⅲ部 『解析力学』の起源
第8章 再定義される「動力学」と、その体系化
第9章 作用・効果・労力
第10章 ラグランジュの力学構想の展開
小括 静力学と動力学の統一、あるいは衝突の問題の後退
結論 自然哲学から「力学」へ
一 解析化と体系化 二 活力論争と力の概念 三 「力学」の誕生
一 物体の中の「力」と衝突の問題-デカルト 二 「固有力」と「刻印力」-ニュートン 三 「活力」と「死力」-ライプニッツ
一 ドイツ語圏での支持拡大 二 オランダからの反応 三 フランスでの論戦の始まり
一 ダランベールの「動力学」構想 二 モーペルテュイの最小作用の原理 三 オイラーによる「慣性」と「力」の分離
一 活力と死力、その異質性 二 活力と死力、その連続性 三 死力による活力の生成
一 衝突の法則と物質観 二 ス・グラーフェサンデによる「力」の計算 三 パリ科学アカデミー懸賞受賞論文 四 ベルヌーイによる衝突過程のモデル化 五 オイラーによる「運動方程式」の利用
一 活力と死力の受容 二 「動力」、「静力学」、そして「力学」 三 ライプニッツ-ヴォルフ流の「力」理解に対する批判
一 パリ科学アカデミーにおける「動力学」の出現 二 「力」の科学から運動の科学へ 三 ダランベールの「一般原理」と、そのほかの「一般原理」
一 弾性薄板と軌道曲線における「力」 二 「労力」の発見 三 最小労力の原理 四 二つの最小原理、二つの到達点
一 「動力学」のさらなる体系化 二 「普遍の鍵」としての最小原理 三 「一般公式」の由来と『解析力学』の力概念



内容細目

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。