パンくずリスト:このページは トップ の下の 共通のお知らせ の下の メンテナンス の下の 「SSL3.0」の脆弱性への対応についてです
ここから本文です。

「SSL3.0」の脆弱性への対応について

カテゴリ:

独立行政法人情報処理推進機構から、インターネット通信で使用する暗号化方式「SSL 3.0」における脆弱性が発見され、注意喚起がされています。

これを受け、千葉県立図書館では、閲覧環境の安全性確保および個人情報保護の観点から、「SSL 3.0」の利用を停止いたしました。

その影響により、一部の携帯電話から一部の図書館サービスがご利用いただけない場合がありますので、ご了承ください。

なお、パソコンで利用状況の確認や予約ページなどの表示ができない方は、「TLS」を有効にしてください。

 推奨する対処法

以下の設定例は当サイトを利用するための設定です。SSL通信をしない設定にすると、TLS非対応サイトが見られなくなる可能性があります。

Internet Exploreの設定例

1 Internet Explorerの[ツール]→[インターネット オプション]をクリックします。

2 [インターネット オプション]→[詳細設定]タブをクリックします。

3 [セキュリティ]の中の、[SSL 3.0を使用する]のチェックをオフにし、[TLS 1.0を使用する]、[TLS 1.1を使用]及び[TLS 1.2を使用]をチェックします(IEのバージョンにより「TLS 1.1」「TLS 1.2」がないこともありますが、その場合は「TLS 1.0」を有効化してください。) 。

4 [OK]をクリックします。

5 終了し、Internet Explorerを再起動します。

インターネットオプション画面

 

Chromeの設定例 

1 Chromeの「設定」→「ネットワーク」項目から「プロキシ設定の変更」をクリックします。

2 [インターネットのプロパティ]→[詳細設定]タブをクリックします。

3 [セキュリティ]の中の、[SSL 3.0を使用する]のチェックをオフにし、[TLS 1.0を使用する]、[TLS 1.1を使用]及び[TLS 1.2を使用]をチェックします。

4 [OK] をクリックします。

5 終了し、Chromeを再起動します。

 

 

参考情報

独立行政法人情報処理推進機構:SSL3.0の脆弱性対策について

ここまで本文です。



ここからフッタです