パンくずリスト:このページは トップ の下の 中央図書館からのお知らせ の下の イベント の下の 中央図書館 ラジオコーナー「おすすめブック」のお知らせです
ここから本文です。

中央図書館 ラジオコーナー「おすすめブック」のお知らせ

カテゴリ:

毎月第4火曜日、NHK千葉放送局FM放送(千葉80.7MHz)『ひるどき情報ちば』にて、中央図書館の職員が県民の方々に読んでほしい一般書や児童書を紹介します。

詳細

毎月第4火曜日のNHKFM放送番組『ひるどき情報ちば』(午前11時放送開始)
「おすすめブック」のコーナー

7月24日の放送内容 テーマ「月食」
『藤井旭の天文年鑑 2018年版 スターウォッチング完全ガイド』(藤井旭著 誠文堂新光社 2017)
【概要】毎年12月に発行される子ども向けの天文年鑑で、翌年の天体関係の動きを紹介しています。
「1月の星空ガイド」というように、月ごとにまとめられているので、今月どんな星が見られるのかな?と思ったら、すぐ調べることができます。また、7月28日の皆既月食がどのように起きるかなど、星空の仕組みもその月ごとに合わせて解説があるので、気になる天体ショーの仕組みを簡単に知ることができます。

『月の満ちかけ絵本』(大枝史郎文 あすなろ書房 2012)
【概要】新月から満月になって、また新月になるまでの月の姿をイラストで表現しています。
絵に添えられた解説は科学的なことだけでなく、月にちなんだ行事や昔の人の風習などにも触れています。日食・月食の仕組みも紹介。2019年までの月の満ち欠け表つき。

NHK千葉放送局 『ひるどき情報ちば』
http://www.nhk.or.jp/chiba/movie_radio/index-hirudoki.html

これからの放送予定

8月28日(火)、9月25日(火)、 10月23日(火)、11月27日(火)、12月25日(火)、1月22日(火)、2月26日(火)、3月26日(火)

これまでの放送内容

4月24日 テーマ「国際アンデルセン賞」
『魔女の宅急便』(角野栄子作 福音館書店 1985)
【概要】魔女の家に生まれたキキは、13歳の年の満月の夜、魔女としてひとり立ちするために、家族の元を離れ、相棒の黒猫ジジと一緒に新しい町を探して旅立ちます。
魔女としては飛ぶことしかできないキキですが、ただものを届けるだけでなく、子どもを助けたり、町の行事を成功に導いたりと思いがけない活躍をすることになります。
キキがひとり立ちしようと奮闘して、1年後に里帰りするまでを描いています。
作者の角野栄子さんは2018年国際アンデルセン賞作家賞を受賞されました。

5月22日 テーマ「思わず出かけたくなる本」
『路上観察学入門』(赤瀬川 原平[ほか]編 筑摩書房 1986)
【概要】「路上観察学」について語った本です。
民俗学者の今和次郎が、関東大震災後の日本で、道行く人や街並みといった社会風俗を細かに観察し、データやスケッチで記録を残した「考現学」の話や、出版当時赤瀬川原平たちが路上に偶然出来上がった芸術「超芸術」を見つけては写真を撮って報告して楽しんだ「超芸術トマソン」の話、実際にマンホールのふたや解体される建築物といったいろいろなものを観察・コレクションしていた人たちの体験記などが載っています。
思いがけない発想を持ち、子どものような目で観察している大人たちの視点に触発されて、あなたも身の回りの街並みを観察しに外出したくなるかもしれません。

6月26日 テーマ「気晴らしになる本」
『語りつぎたい日本の昔話 吉四六さん 小澤俊夫監修 小峰書店 2011)
【概要】昔から語り継がれてきたとんちばなしがたくさん入っている本です。
無理ないいがかりをとんちでやり込めたり、ずるしてまんじゅうにありついたりする様子に呆れたり笑ったりして楽しめます。もし気に入った話があったら、ちょっとだけあらすじを覚えて、身近な誰かに語ってみるのも楽しいかもしれません。

昨年度の内容はこちら

問合せ

千葉県立中央図書館 読書推進課
千葉市中央区市場町11-1
TEL 043-222-0116

豊富な資料で調査研究に役立つ図書館

ここまで本文です。



ここからフッタです
メニュー