パンくずリスト:このページは トップ の下の 中央図書館からのお知らせ の下の 展示 の下の 中央図書館 展示のお知らせです
ここから本文です。

中央図書館 展示のお知らせ

カテゴリ:

テーマ

芸術になった料理 ~魯山人の世界~

 「芸術になった○○」と題した連続シリーズの3回目は北大路魯山人を紹介します。

「美と食の巨人」とよばれた北大路魯山人(1883-1959)。その類い稀なる審美眼により、美食と陶芸のみならず、多彩な分野に足跡を残しました。美食家として知られた魯山人は、料理を演出するための器を作ることから作陶の道へと進みました。大正15(昭和元)年には、星岡茶寮で使用する器を焼成するため、北鎌倉の地に「星岡窯」を開窯。多くの陶工を従えて本格的な作陶を行いました。
 「星岡茶寮」は、大正14年(1925)三月に東京赤坂に開設され、魯山人が顧問兼料理長をつとめた会員制高級料亭です。料理はもちろんのこと、部屋のしつらえ、客あしらいまで、魯山人の類い稀なる感性がいかんなく発揮されました。

なお、展示してある資料はお貸出しできますので、中央カウンターまでお申し出下さい。
 (ただし、雑誌等、一部の資料は館内でのご利用となります。
 展示資料の一覧はこちらをご覧ください

期間

平成22年9月18日(土)~10月11日(祝)

場所

県立中央図書館 受付前 展示コーナー

問い合わせ

千葉県立中央図書館
千葉市中央区市場町11-1 TEL 043-222-0116

ここまで本文です。

お知らせメニューです。



ここからフッタです
メニュー