パンくずリスト:このページは トップ の下の 西部図書館からのお知らせ の下の イベント の下の 西部図書館 もののけ絵解きトーク「浮世絵の中のもののけ」のお知らせです
ここから本文です。

西部図書館 もののけ絵解きトーク「浮世絵の中のもののけ」のお知らせ

カテゴリ:

 日本では古くから妖怪や幽霊の伝説が伝わり、平安時代には真夜中の都大路を妖怪たちが練り歩く「百鬼夜行図」などの妖怪画が描かれはじめました。江戸時代の中頃になると、絵師たちは人々が抱く、妖怪への豊かな想像力をみごとに表現し、妖怪画は一大ブームを迎え、現代の妖怪ブームの火付け役となりました。
 今回は、図書館内に複製画を展示中の歌川国芳「相馬の古内裏」をはじめ、浮世絵に描かれた「もののけ」について、わかりやすく解説していただきます。募集案内はこちらです。

テーマ

もののけ絵解きトーク 「浮世絵の中のもののけ」

日時

平成26年9月20日(土)13:30~15:00

講師

内田 龍哉 氏
 千葉県立中央博物館 自然誌・歴史研究部 主席研究員兼歴史学研究科長

場所

千葉県立西部図書館 2階 研修室

(当館までの交通案内)

定員

30名(先着順)

対 象

どなたでもご参加いただけます。

申込み・問い合わせ

当館カウンターまたはお電話・FAXでお申込み下さい。
※受講無料

千葉県立西部図書館
松戸市千駄堀657-7 TEL 047-385-4133 FAX 047-384-1371

その他

駐車場が狭いため、参加者は公共交通機関をご利用ください。

ここまで本文です。



ここからフッタです
メニュー