検索結果書誌詳細

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 1 予約数 0

書誌情報サマリ

書名

中世公家政治文書論 

著者名 富田 正弘/著
著者名ヨミ トミタ マサヒロ
出版者 吉川弘文館
出版年月 2012.6


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。

この資料に対する操作

電子書籍を読むを押すと 電子図書館に移動しこの資料の電子書籍を読むことができます。


登録するリストログインメモ


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館配架場所請求記号資料番号資料種別状態個人貸出 在庫
1 東部図書館一般開架2104/369/2102501127一般在庫 

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

タイトルコード 1000002313210
書誌種別 図書
書名 中世公家政治文書論 
書名ヨミ チュウセイ クゲ セイジ モンジョロン
言語区分 日本語
著者名 富田 正弘/著
著者名ヨミ トミタ マサヒロ
出版地 東京
出版者 吉川弘文館
出版年月 2012.6
本体価格 ¥25000
ISBN 978-4-642-02909-4
ISBN 4-642-02909-4
数量 7,379,15p
大きさ 27cm
分類記号 210.4
件名 日本-歴史-中世   公家   古文書
内容紹介 東寺などの社寺や公家に伝来した多くの公家政治文書の体系と系譜、背景の政治機構の変遷について、文書の作成伝達過程や効力など、文書機能にも触れつつ分析する。
著者紹介 1942年生まれ。山形大学文理学部卒業。山形県職員、京都府立総合資料館勤務、富山大学人文学部教授を経て、同大学名誉教授。



内容細目

No. 内容タイトル 内容著者1 内容著者2 内容著者3 内容著者4
1 序説 古代中世文書様式の体系・系譜論に関する先行研究
2 はじめに
3 第一節 黒板勝美の文書体系論
4 第二節 相田二郎の文書体系論
5 第三節 佐藤進一の文書体系論
6 第四節 黒板勝美・相田二郎・佐藤進一の文書体系論に対する諸批判
7 第五節 所収論文の研究課題と本論集の構成
8 第一部 古代中世国務文書論
9 第一章 平安時代における国司文書
10 はじめに
11 第一節 九世紀以前における国司文書の位署
12 第二節 十世紀における国司文書の位署
13 第三節 国司庁宣の成立と展開
14 おわりに
15 第二章 国務文書の展開
16 はじめに
17 第一節 国符・国判の位署の変遷
18 第二節 公験国符と国判
19 第三節 国司庁宣の成立
20 第四節 留守所下文の成立
21 第五節 国務と受領
22 第六節 知行国主と庁宣
23 第七節 国宣の成立
24 第八節 国務文書の行末
25 第二部 中世公家政務文書論
26 第一章 中世公家政治文書の再検討
27 第一節 「官符」
28 第二節 「御教書」
29 第三節 「奉書」
30 第二章 公家政治文書の発給過程と系譜
31 はじめに
32 第一節 公式様太政官文書の変容
33 第二節 書札様政治文書の展開
34 第三節 院政親政文書の変容
35 おわりに
36 第三章 図説東寺百合文書における公家政治文書
37 はじめに
38 第一節 天皇太政官文書
39 第二節 院政親政文書
40 第三節 公武融合政治下の公家政治文書
41 おわりに
42 第四章 口宣・口宣案の成立と変遷
43 はじめに
44 第一節 口宣・口宣案に関する従来の諸説
45 第二節 口宣と天皇=太政官文書
46 第三節 口宣案の成立
47 第四節 口宣案と天皇=太政官文書
48 おわりに
49 第三部 新しい文書体系論への助走
50 第一章 中世史料論試論
51 第一節 文書情報の限界性と可能性
52 第二節 口頭伝達と文書
53 第三節 中世文書の分類と系譜
54 第二章 中世公家政治文書論補論
55 はじめに
56 第一節 古代中世国務文書論
57 第二節 中世公家政務文書論
58 第三節 新しい文書体系論への助走
59 おわりに
前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。