パンくずリスト:このページは トップ の下の 地区別研修 の下の 2016 の下の 平成28年度 関東・甲信越静地区 図書館地区別研修です
ここから本文です。

平成28年度 関東・甲信越静地区 図書館地区別研修

研修報告書(平成29年2月掲載)

 本講義・演習の事前課題アンケート集計結果についてはこちらをご覧下さい。

 

 

 

平成28年度関東甲信越静地区図書館地区別研修を、11月29日(火)~12月2日(金)まで千葉市生涯学習センター(千葉県千葉市)で開催します。
研修会についての問合せ、申込みは、千葉県立西部図書館へお願いします。

  本研修は終了いたしました。多数のご参加をいただき、ありがとうございました。

  修了証書の発行を希望される方は、下記「10 修了証書」をご確認ください。

  ・「10 修了証書」についてはこちら

 

   

お知らせ
   講義・演習①における研修資料および事前課題アンケート集計結果を掲載いたしました。ぜひご活用ください。

 

  事前課題を掲載いたしました。ご確認の上、提出、持参をお願いします。

1 趣旨

 図書館法(昭和25年法律第118号)第7条の規定に基づき実施するもので、情報化の進展など図書館に関する最新のテーマや地域における課題等について研修を行い、図書館における中堅の司書としての力量を高めることを目的とする。

2 主催

 文部科学省 千葉県教育委員会

3 主管

 千葉県立図書館

4 協力

 全国公共図書館協議会
 関東地区公共図書館協議会
 公益社団法人日本図書館協会
 千葉県公共図書館協会

5 期日

 平成28年11月29日(火)~12月2日(金)[4日間]

6 会場

 【講義・演習】千葉市生涯学習センター (千葉市中央区弁天3丁目7番7号)

 【施設見学】11月30日(水) 14:00~16:40
      千葉大学アカデミック・リンク・センター(千葉大学附属図書館本館)
      (千葉市稲毛区弥生町1-33)

7 参加資格

 (1) 図書館法第2条に規定する図書館に勤務する司書で、勤務経験がおおむね3年以上の者
   若しくは研修テーマに関連する業務に従事している者
 (2) 上記(1)と同等の職務を行うと千葉県教育委員会が認めた者

8 定員

 100名程度

9 参加費

 無料

10 修了証書

 研修日程の概ね4/5以上を受講し、研修成果(研修内容、研修成果を踏まえた業務の改善提案・活用方法について等)について、研修終了後2週間以内にレポート(1,200字程度)を提出した者に修了証書を授与する。

11 日程・内容

11月29日(火) 会場:千葉市生涯学習センター 3階大研修室

13:00~13:30 受付
13:30~13:50 開講式・オリエンテーション
13:50~14:20 文部科学省説明
14:20~14:40 休憩
14:40~16:40 基調講演 「地域を支える情報拠点をめざして~「これからの図書館像」報告から10年~」
 講師:慶應義塾大学文学部教授 糸賀雅児
この10年の図書館の取組と変化、これからの図書館経営に必要な視点や改革への取組について、研修の基調となる講演により理解を深める。

11月30日(水) 会場:千葉市生涯学習センター 3階大研修室~千葉大学アカデミック・リンク・センター

9:00~ 9:20 受付
9:20~10:50 講義①「図書館サービスと著作権」
 講師:国立国会図書館関西館 文献提供課長 南亮一
 図書館サービスと著作権との関係につき、著作権制度の概要を述べた上で、具体的なサービスごとにどのように著作権が関係してくるかを解説する
10:50~11:00 休憩
11:00~12:30 講義・演習①「図書館ブランディング入門-内外に味方を増やすコミュニケーション戦略-」
 講師:図書館サービス計画研究所 代表 仁上幸治
 図書館の認知度を高めるための広報戦略やブランディングについて学ぶ。
12:30~14:00 休憩・移動
14:00~16:40 施設見学・体験
 会場:千葉大学アカデミック・リンク・センター
 講師:千葉大学文学部教授(千葉大学副学長・附属図書館長) 竹内比呂也
 アクティブ・ラーニング等の新しい学習環境を視察・体験し、図書館サービスの可能性について考える。

12月1日(木) 会場:千葉市生涯学習センター 3階大研修室

9:00~ 9:20 受付
9:20~10:50 講義②「公共図書館と学校との連携協力について」
  講師:筑波大学 図書館情報メディア系教授 平久江祐司
  公共図書館が学校図書館の期待に応えるサービスを行うための具体的方策について学ぶ。
10:50~11:00 休憩
11:00~12:30 講義・演習②「ハイブリッドなレファレンスサービス」
  講師:千葉経済大学短期大学部 教授(千葉経済大学総合図書館長) 齊藤誠一
  印刷資料とデジタル情報を使った情報検索の特性や技術を具体的に学びレファレンスサービスの向上を図る。
12:30~13:30 休憩
13:30~16:10 講義③「公共図書館に求められる障害者へのサービスとは~障害者差別解消法の施行を受けて」
 講師:弁護士法人つくし総合法律事務所 東京事務所 弁護士 大胡田 誠
 合理的配慮とは何か、今後図書館に求められる取組について学ぶ。
講義④「障害者差別解消法による図書館の具体的サービス 日本図書館協会ガイドラインを活用して」
  講師:埼玉県立久喜図書館 司書主幹 佐藤 聖一
  平成28年3月に日本図書館協会より発表されたガイドラインを活用して具体的な図書館での取り組みを考える。
事例発表①「県立西部図書館におけるテキストデータ化サービスについて」
 発表者:千葉県立西部図書館 副主査 松井進
 昨年開始された西部図書館の新しい取組である活字資料のテキストデータ化についての事例紹介。
16:10~16:40 事例発表②「千葉市図書館のサービスについて」
  発表者:千葉市中央図書館 館長 松尾 修一
  千葉市中央図書館の施設と様々なサービス・資料提供についての事例紹介。

12月2日(金) 会場:千葉市生涯学習センター 3階大研修室

9:00~ 9:20 受付
9:20~11:30 講義⑤「まちづくりの拠点としての図書館」
 講師:全国生涯学習まちづくり協会理事長・聖徳大学名誉教授 福留強
 地域に密着した図書館づくりの優れた実践事例から、図書館経営やサービス展開の戦略を学ぶ。
11:30~12:00  閉講式

12 交流会について

 交流会参加を希望の方は参加申込時にお申し込みください。
 交流会は研修2日目の11月30日(水)の研修終了後、千葉市内(JR西千葉駅周辺)にて開催いたします。
 会費は4,000円程度を予定しています。

13 参加申込

 (1)申込方法
  参加申込書に必要事項を記入の上、メールまたはFAXで下記お問合せ先まで送信してください。

  印刷用募集要項(PDF)はこちら

 (2)申込期限 平成28年10月30日(日)

14 お問合せ先

 千葉県立西部図書館 読書推進課(担当:安達)
 TEL 047-385-4648(代表) FAX 047-384-1371
 E-mail lib-kenshu@mz.pref.chiba.lg.jp 

 

15 会場案内

【千葉市生涯学習センター】
千葉市生涯学習センター
 ○鉄道を利用して
  ・JR千葉駅東口または北口から徒歩8分
   ※駐車場の台数には限りがあります。会場へは公共交通機関をご利用ください。

 

千葉大学 アカデミック・リンク・センター(千葉大学附属図書館 本館)
 ○鉄道を利用して
  ・JR西千葉駅北口より正門まで徒歩約6分

 

16 その他

 ・事前課題等について
  事前課題やその他連絡事項については、随時案内ページに掲載いたします。
 ・宿泊施設については、各自お申し込みください。

ここまで本文です。

ここからサイドメニューです。

千葉県関係資料検索

菜の花ライブラリー


ここからフッタです